プロポーズする時にどんな指輪を送るか、プロポーズを成功させる為に。

女性は幾つになっても綺麗な物が好き。

女性は幾つになっても綺麗な物を好みます。色でも絵でも、形でもそうです。すべての女性に当てはまるとは言えないのですが、綺麗な物を渡されて嫌がる女性は少ないでしょうね。プロポーズする相手に送る結婚指輪は印象の濃い物にしましょう。結婚という行為そのものは重く、単純ではありません。籍を入れるという事は「共に責任を背負う」という表現にも変えれますから、結婚指輪にその重みと決意の固さを込めましょう。細すぎる指輪は意思が伝わりにくいですから、注意したいところです。

プロポーズする相手が好きな色石付きの指輪を探す。

送る指輪次第で相手の反応が違う事は多いかもしれませんね。相手にも好きな色、好きな石があります。相手にも好きではない色、好きではない石があります。それらを意識して考えて指輪を選択していきましょう。送る指輪に、相手が嫌いな色が付いた石がセットになっていると、反応がイマイチか、断られる可能性が出てきますから、良く確認したいところですね。事前に相手の好きな色や石、好きなデザインを知っておくと、プロポーズする際に渡す指輪選びも困らなくなります。

本当に結婚したいならケチらない。

本当に結婚したいなら、プロポーズする相手に渡す指輪にもお金をかけます。安い、細い、しかもノーマルな結婚指輪に気持ちはこもってないでしょう。渡す物が高い物であり、デザインも素晴らしいならば気持ちは伝わりやすくなります。「お金がないから、安い指輪を選ぶ」考えは「お金がないから、これでいいや」とほぼ同じ事です。鋭い女性は相手の心理を見抜いてしまうので、そこで否定されたら先に進まないことはありますから、気をつけましょう。気持ちは必ず形にあらわれます。

婚約指輪はプロポーズや結納の時に男性が女性に向けて、愛の誓いとして渡す指輪で中でもダイアモンドは永遠に続く愛のシンボルとなっています。