和婚でも個性的でナチュラルに!!花の演出で総仕上げ!!

花嫁の自然な美しさを引き立てる

和装のよき伝統は守りつつも、花嫁の自然な美しさを引き立てる手法が様々に見られるようになってきました。色打掛もモダンで大胆な色柄や再び注目を集めている繊細な草花文様など、年々、多彩になっておりスタイリッシュな装いの幅が広がっているといえるでしょう。また、髪型やメイクはナチュラル志向で、かつらはつけずに和の印象をプラスして品よくまとめた洋髪が人気です。仕上げの髪飾りにはブーケと同じ花、数輪を控えめにアシメントリーに挿すのがよく、ブーケと髪飾りの抑制とメリハリのきいた演出で和装の花嫁はよりナチュラルに仕上がるでしょう。

強く深く静かな色を!

生成りに近いベージュ地に金糸を使って秋華に鶴と孔雀を織り込んだ、しっとりとした秋物語を感じさせる色打掛には、ダリアの中でも黒蝶という種類のものを数輪かさねてくす玉のようにしたブーケが似合うでしょう。えんじ色を漆黒に近づけたような色の強さが個性的で、花が熟していく時間を束ねた感じになります。重く厚いコチョウランの葉っぱと白い水引を添えれば、繊細な文様を背景にしたときに、とてもくっきりと映えるでしょう。

晴れやかに柄に埋もれることなく

光沢のあるラメの空色や花色などの青や緑を縦横に織ったモダンな柄の色打掛は、その涼やかな色から春から夏にかけての結婚式で特に人気です。季節の花を集めたラウンドブーケとするとよく、早春なら濃紫のアネモネの明るい若草色のビバーナムを主役に、揺れる黄色いビオラでアクセントをつけましょう。大きな花ではっきりとした色使いにすれば、華やかな柄にも埋もれることはないですよ。文様と同系色のリボンを使うことでよりなじむでしょう。

太田での結婚式場の選び方を理解するうえで、特色のある式場のパンフレットなどに目を通すことが大事です。