親族だけで結婚式を進めたい人必見!知っておきたい情報3選!

親族だけの結婚式はどうやって進行していくの?

大掛かりな結婚式はしたくないけれど親族にはお披露目したいと考える人もいますよね。そんな人たちの間で人気なのは親族のみを招いて行う結婚式です。進め方としては教会や神社などで挙式を行った後、レストランやホテルなどで食事会を行うパターンが多いんですよ。ただ中には挙式のみ行って、その後の食事会は行わないといったケースもあるんです。食事会は主に、お互いの親族の顔合わせや交流を目的としている場合が多いんですよ。ただ食事会と言っても一般的な披露宴のようにスケジュールが組まれている場合が多く、新郎のあいさつやケーキ入刀、両親への感謝の手紙などが組み込まれている場合もあるんです。

招待状や引き出物は?

通常の結婚式の場合、招待状や引き出物などを準備しますよね。でも親族のみの場合はどうすればいいの?と悩んでしまう人もいるかもしれません。実際親族のみの場合人数も少ないので、口頭で済ませている場合も多いんですよ。ただどうしても気になるようであれば、開催日時や時間を記入したはがきなどを贈っておくといいですよね。また引き出物ですが親族からお祝いを頂いているでしょうから、手ぶらで帰ってもらっては申し訳ないと考える人が多く準備している人が多いんですよ。ただ中には後日「結婚内祝い」として配る人もいるので、そういった形でも問題ないです。

準備期間はどれくらい?

通常の結婚式の場合大体半年~1年前から準備を始める人が多いです。では親族のみで行う場合は、どれくらい準備期間がかかるのかというと、大体3か月前から準備を始めれば大丈夫ですよ。やはり人数が少ない分やらなければいけないことも少ないので、大体通常の結婚式の半分くらいの期間ですんじゃうんです。ただあまり遅くから動き始めると会場がすでにいっぱいだったり、気に入ったウエディングドレスなどがすでに先約済みだったりすることもあるので、こだわりがある人はもっと早めに行動するといいですよね。

近年では少人数での結婚式をされる若いカップルが多く、特に親しい中で海外ウェディングの人気が沸騰中です。親しい仲間と開放的な気分で楽しい思い出を作ることができます。