安い料金で結婚式を挙げたい場合には、どうすべきか

家族婚などの少人数制にする

結婚式をどのような規模にしたいかは、人によって様々です。中でも安い料金で結婚式を挙げたい場合には、どのような式にすべきなのでしょうか。一つの手として、金額の支出と収入が分かりやすい少人数制の式にするという方法です。親戚や本当に親しい友人だけの質素な結婚式にすると、大分支出を抑えることが出来ます。大きな会場を借りると、それだけ会場費も多くかかります。小規模でもセンスの良さでいくらでも乗り切ることは可能です。

派手なパフォーマンスをゼロにする

結婚式と言えば、何着もお色直しをして、友人たちにパフォーマンスをして貰って、食事も豪華にして、引き出物にもこだわるといった想像をしてしまいがちですが、全員がそうしなければいけないわけではありません。むしろ、静かで厳かな雰囲気で式を進めたいという方もいるはずです。しかも派手なパフォーマンスには想像以上にお金がかかるものです。ですので、パフォーマンスを1~2個削るだけでも、かなりの経費節減になるので、本当にしたいことだけをするのも良い方法かもしれません。気に入った白のウェディングドレスだけを、ずっと着ているというのも素敵です。

海外で結婚式を挙げる

海外ウェディングは高いと考えてしまいがちですが、実は国内で大掛かりな結婚式をするよりも安く済むことが分かっています。もちろん、細部までこだわるとそれなりの費用がかかりますが、シンプルに式を挙げたい場合には海外ウェディングも安く済ませることが出来ます。渡航費やドレス代、そして食事代やホテル代などのすべてを含めたプランを選択して、予算の範囲内で収めたいとコンサルタントに相談することが大切です。多額お金をかけるばかりが結婚式ではありません。

結婚式を安くするためには、式場費用が安くなる日取りや季節を選ぶのが重要です。特に平日や年末年始、梅雨の時期などが狙い目です。