結婚指輪の由来はどこまで溯る?最近の傾向にも注目!

歴史と由来を詳しく!

結婚指輪は古代ローマにまでさかのぼる伝統的な習慣です。当初は各国の国王が結婚するときにはローマ法王の許可が必要になりました。その証拠として結婚指輪を交換していたのです。相手から送られた指輪をはめることで自分は約束を守ることを周囲に知らしめていました。このような習慣がヨーロッパに広く伝わるようになり、時代が下るにつれて東洋にも伝わりました。今では結婚指輪の交換は日本でも広くみられる習慣になったということです。

素材にはプラチナが大人気!

結婚指輪の素材はプラチナが人気があります。結婚指輪は結婚したあともずっと身につけておくものなので、輝きが強すぎないプラチナが選ばれることが多いです。また、普段着との相性もよくあわせやすいという特徴も持っています。結婚指輪はデザインだけでなく、使いやすさも考えて購入する必要があるのです。ちなみに、婚約指輪は日常生活で身につけるものではありませんのでダイヤモンドなどの輝きが強いものが選ばれる傾向があります。

結婚指輪を選ぶときの最近の傾向とは!?

最近の傾向としては結婚指輪の素材としてダイヤモンドが使われることが多くなりました。1粒ダイヤタイプやアームにちりばめるタイプのものが人気があります。また、結婚指輪の相場としては平均的に20万円前後になります。昔は給料3か月分と言われてきましたが、素材やデザインを考えて安価に抑えるカップルが増えてきています。また、お金のかけるなら婚約指輪にする傾向もあります。ちなみに、男性と女性が送りあうことが一般的です。

結婚指輪の人気について詳しく知りたいなら、口コミサイトで評判を調べる方法が最適です。ランキングで人気が高いブランドを知ることもできます。